即日カードローンでお金を借りたい!しかも夜間や土日でも!

今すぐお金が必要なら「銀行系のカード会社」or「消費者金融」のどちら?

「今すぐ、とにかくお金が必要なんです!!!」
そんな人にとってオススメなのは、ズバリ、『消費者金融』です。
「銀行系のカード会社のほうが金利も安いし、イメージもいいし…」
そう思う人もいるかもしれません。

 

でも、事態は急を要していますね?
だとしたら答えはシンプルです。『消費者金融』のほうが審査のハードルもカード会社のクレジットや銀行系のカード会社よりも高くなく、申込から最短で融資を受けることができるのです。

 

理由は他にもあります。

 

まず1つ目は、営業時間。
あなたがもし、クレジット会社や消費者金融からお金を借りようと思った、まさにその時間が午前中だとしましょう。それならどの金融機関も営業がはじまったばかりですので、選択肢はたくさんあります。
でも、例えば融資を受けようと思ったのが金曜日の夜間だとしたら…。金曜日の夕方に、いきなりその日の夜や、週末の遊びのお誘いが来ることってありますよね?

 

残念ながら、この時点でクレジットカード会社や銀行系のカード会社は、営業時間を終了してしまいます。仮に自社サイトなどで申込は受け付けていたとしても、審査自体は翌日の場合になってしまうのです。

 

その点、消費者金融なら営業時間も長く、カード発行や融資までのステップも最短でいけます。加えて、クレジットカード会社や銀行系のカード会社のほうが金利が安いぶん、審査が厳しいという説もあります。また、申込者の勤め先に連絡をする「在籍確認」を必ずクリアしないと、融資にまでこぎつけられないようです。
その点、消費者金融の場合、クレジットカード会社や銀行系のカード会社のそれと比べると審査も厳しくなく、在籍確認に対しても、例えば社員証の提示だったり後日行うようにするなど、交渉の余地があるのです。

 

以上のように、もしあなたが、とにかく急ぎで即日お金を必要としているのなら、それは「消費者金融」が確実に一番オススメなのです。

即日融資を確実に達成するためのポイントとは?<即日カードローン土日対応>

即日にカードローンで融資を希望しているのなら、「消費者金融」が断然オススメです。しかもそれが夜間(遅い時間の申込)なら、なおさらです。

 

ただし、消費者金融だったらどこでもいいというわけではありません。
ここでは、即日、カードローンで融資を行う場合に適した消費者金融のポイントを紹介していくことにしましょう。

 

ポイントとしては、次の3つが挙げられます。

 

@ 即日融資をやっているか?(しかも積極的に)
A 営業時間(申込時間)は遅くまでやっているか?
B WEBサイトからの申込が可能か?

 

それでは順を追って説明していくことにしましょう。

その消費者金融は、即日融資をやっているか?<即日カードローン土日対応>

1つめの「即日融資をやっているか?」ですが、これは当たり前だと思うかもしれませんが、じつはとても重要なポイントです。簡単に言ってしまえば、最近では、『審査から融資まで○時間!』といった即日融資までの時間を売りにしている消費者金融がありますが、こうした会社はオススメなのです。早さを売りにしているわけですから、融資までの決定がスムーズにいくよう、金融機関サイドも念頭に置いて契約の手続きをしていってくれるのです。手続きの不備があったとしても、例えば後日にまわしてくれるなど、交渉の余地がでてくる場合もあります。
ちなみに以下は、大手消費者金融の即日融資の有無です。参考にしてみてください。

 

カードローンサービス 即日融資の有無 審査時間 融資までの時間

アコム

最短30分審査

最短1時間

プロミス

最短30分審査

最短1時間

SMBCモビット

最短30分審査

最短即日

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アイフル

最短30分審査

最短即日

営業時間(申込時間)は遅くまでやっているか?<即日カードローン土日対応>

こちらも当たり前ですが、営業時間が遅くまでやっているほうがいいに決まっています。
ちなみ以下は大手の受付時間です。この時間までに受付が完了できれば、即日の融資が可能になってきます。

 

カードローンサービス

自動契約機の有無

営業時間

審査時間

アコム

8:00〜22:00

9:00〜21:00

プロミス

9:00〜22:00

8:00〜21:00

SMBCモビット

8:00〜21:00

アイフル

8:00〜22:00

 

店舗によってはこの表にある時間と異なる場合もあるようなので、事前にサイトにアクセスして調べておくほうがよいでしょう。
また表のように、営業時間と審査時間が異なる場合もあります。つまり、申込はできても、審査までこぎつけない可能性があるわけです。この場合、即日に融資を完了することは不可能になってしまいますので、こちらもあらかじめ調べておくことが必要です。モビットとアイフルに関しては、審査時間の明記がされていなかったので、こちらも注意したいところです。

WEBサイトからの申込が可能か?<即日カードローン土日対応>

最後は、自社サイトからの申込が可能かどうかという点です。
これは前の項目でも紹介したとおり、契約の流れの中では、いろいろとチェックしておくべきことが多いわけです。直接、消費者金融のお店に出向いて、自動契約機に飛び込んで、いろいろ質問をしながら融資の手続きをするのもいいですが、やはりオススメはWEBサイトからの申込をすることだと思います。
そのメリットとしては、わざわざ出向いてみたものの、融資がNGだったということが防げるからです。これは精神的なショックもありますが、大変な時間のロスを生みます。まずは、各消費者金融のサイトから申込をすませて、融資がOKだったら近隣の支店へ出向く。そして、契約書や会員カードを受け取る、これがベストといえるでしょう。
会員カードを手にすればこちらのものです。
大手の消費者金融のカードは、セブンイレブンなどの「セブン銀行」で利用することが可能ですから、24時間お金を引き出すことができます。店舗の営業時間は関係なくなりますので、安心して利用することができます。

 

また、申込時に「即日融資」を希望していることを各金融機関に伝えることも忘れないようにしてください。その旨を伝えることで、最短で融資を行うために必要なアドバイスをしてくれます。あとは指示に従って、手続きをしていけばいいのです。

土日対応即日カードローンオススメランキング!

それではここから、当サイトいちおしの消費者金融を紹介していきます。それぞれに特徴がありますので、まずは興味がある会社を見つけたら、自社サイトにアクセスしてみることをオススメします。

 

アコム
大手消費者金融として、1978年から営業しているアコムですが、先ほども述べたとおり、2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社になりました。申し込み資格は、20歳以上で安定した収入があること。派遣社員やアルバイトも申し込み可能です。
実質年率年3.0%〜年18.0%
借入限度額800万円
融資までの期間最短30分審査
即日融資可能
アコムの最大の魅力は、初回利用時、契約日から最大30日間金利がゼロという点。借り入れする際も、インターネット上で申し込みや実際のキャッシング、そして返済が完結できます。また他にも、楽天銀行で24時間振込み融資が可能です。

 

プロミス
三井住友フィナンシャル・グループの子会社で、SMBCコンシューマーファイナンスが営業するプロミス。架空のフォークデュオ『プロミス』のCMでもおなじみです。プロミスの利用条件は、20〜69歳、安定した収入があること。職業や年収などの制限はありません。
実質年率年4.5%〜年17.8%
借入限度額500万円
融資までの期間最短30分審査
即日融資可能

 

プロミスの最大の魅力は、初回、契約日から30日間無利息という点が挙げられます。
また、三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座をもっていれば、最短10秒振り込み可能。これは今すぐ借り入れしたい人にとっては朗報ですよね。

 

SMBCモビット
SMBCモビットは、SMBCグループの傘下にある消費者金融です。竹中直人さんのCMでも有名ですし、かなりの広告費を使って宣伝しています。一見すると消費者金融とは思えないほどです。借り入れ資格は、20歳以上69歳以下で安定収入があること。パート・アルバイト、派遣社員、自営業でもOKです。
実質年率年3.0%〜年18.0%
借入限度額800万円
融資までの期間最短30分審査
即日融資可能

 

モビットは、ホームページやローン申し込み機からで、10秒簡易審査をしてくれます。気になる人は、まずは公式サイトにアクセスして試してみるのもいいかもしれません。WEB完結申し込みで、来店不要、電話や郵便物もありません。

 

アイフル
独立系消費者金融として長年、営業を続けているアイフル。貸金業法改正以降、2009年に事業再生ADRを申請した後、グループ再編などを経て現在も独立系のまま営業しています。利用条件は、20歳以上70歳未満で定期収入があること。パート・アルバイト、学生も申し込み可能です。
実質年率年4.5%〜年18.0%
借入限度額500万円
融資までの期間最短30分審査
即日融資可能

 

アイフルの魅力は、初回30日間無利息と、以前利用したことのある人が対象の低金利プラン「おまとめMAX」が挙げられます。また、女性専用ダイヤルも開設されていて、希望額50万まで最短30分で審査結果がわかるのもうれしいポイントです。

 

****************************
それでは最後に、即日融資がど〜しても必要になった人の体験談を紹介しておきます。
是非、参考にしてみてくださいね。

土日対応即日カードローン体験談

私が即日のカードローンをはじめて利用したのは、10月後半のある金曜日でした。
取引先のAさんから突然の電話。
内容は、明日予定していたゴルフに急遽行けなくなった人が出たらしく、代わりに参加しない?というお誘いの電話でした。ゴルフはたいして上手いわけじゃないのですが、この取引先とはお近づきになっておきたい…これが正直な気持ちでした。メンバーを聞くと、大きなコンペではなく、Aさんと同僚のBさん、そしてその上司の部長さん(!)の4人だけといいます。これは大チャンスです!

 

この部長というのがなかなか難しい人で、もう何年もこの会社に出入りしているのに、今だに距離があるというか、心を許してくれないというか、あまりいい感じではありませんでした。Aさんにはそんな話を前からしていたので、1人欠員が出たときに、真っ先に僕の顔が浮かんだんそうです。

 

「参加させていただきます!」
もちろん、そう答えたのですが、問題は給料まえの僕のお財布の中身です…。
前半飛ばしすぎたせいか、財布にはもう数千円しか残ってしません。給料日まで1日1,000円で過ごそうと決意し、この週末も家でじっとしていようと思っていた矢先でした。
ゴルフ代金は、最悪カードで支払うとしても、行き帰りの交通費とか、帰りどこかによった場合の食事代とか、マジで危険な状況です…。

 

そんな時に思いついたのが、カード会社の即日キャッシングです。正直、もうこれしかないと思いました。お誘いの電話が来たのが17時すぎ…。消費者金融ですら、危うい可能性がある時間ですよね。
案の定、いろいろ検索してみると、この時間から金曜じゅうに融資までこぎつけることができるのは数社に限られていました。僕はその中からアコムを選んだのですが、その理由はシンプルです。CMでもよく見ていますし、ホームページにアクセスすると簡易的な審査コーナーがあり、自分は問題ないとでたからです。ただ、そのまま無人契約機に行こうとも思ったのですが、まずはホームページ申込をして、会社が終わってから近くの店舗に出向きカードを受け取ることにしました。なぜなら、万が一審査に落ちたりしたらアウトだからです。なので確実に融資が可能かどうか、まずはホームページから申込をしてみて、ダメだったら別の会社を考えなくてはいけません。

 

結果、アコムのホームページから申込をしたところ、問題なく融資ができるという結果になりました。早速、仕事が終わった20時過ぎに近所の店舗に行き、カードと契約書類を受け取り、その場で2万円ほどキャッシングしました。この間、たったの3時間ほど。急なゴルフの誘いだったので、本当に助かりました。

 

さて、翌日のゴルフはイマイチでしたが、その日を境に部長さんとの距離も縮まったみたいで、今ではとても良好な関係を築けてきます。カードのほうも、こうした急な出費のときに使える“頼もしい味方”として、今でもちょくちょく愛用しています。もし僕のような状況に陥っている人がいたら、絶対オススメですよ!